−利用者各位−
【全国】【オンライン】 【重要】Windows10をご利用の皆様へ 2020/4/17 12:00
 Microsoft社が本年4月中旬以降、Windows10を対象にMicrosoft Edgeの「HTML版」から「Chromium版(クロミウム版)」への自動アップデートの配信を行うことを発表いたしました。
 現在、Microsoft Edgeの「Chromium版」はオンライン請求用パソコン動作環境の対象外としており、「Chromium版」をインストールした場合、オンライン請求システムを利用できなくなります。 
 自動アップデートを回避するためにMicrosoft社が、無償提供しているプログラム(ブロッカーツールキット(64bit版にのみ対応))の設定方法を公開しております。
 つきましては、下記に掲載しておりますので、設定をお願いします。
 ※設定に当たっては「半角スペース」入力にご注意願います。
 なお、32bit版につきましては、ブロッカーツールキットが提供されておりませんので、自動アップデートにより「Chromium版」となってしまった場合は、「Internet Explorer 11.0」でご利用いただくことになります。
「Chromium 版」への自動アップデートを回避するためのプログラム(ブロッカーツールキット) 設定方法  

本件に関してのお問い合わせはオンライン請求システムヘルプデスクまでご連絡下さい。

オンライン請求システムヘルプデスク 
 0120-60-7210